相続税に節税方法がある?意外な盲点にも気をつけよう!

孫に贈与しておけば相続税を減らせる

死ぬ前から死んだときの話をするのは嫌がれるかもしれません。できれば親など資産を持っている方から受ける側に相談をしてもらえるとありがたいでしょう。ある程度資産を持っている人は、日頃から相続税対策をしています。何が良くて、何が良くないかなども良く知っているようです。簡単な方法としては、事前に贈与をする方法です。1年に110万円までなら贈与税はかかりません。ただし、相続が行われる3年前の贈与は例外になります。その分は相続財産とされ相続税がかかります。この時にはちょっとした盲点があります。相続を受ける人への贈与は相続財産になりますが、相続を受けない人への贈与は相続財産になりません。子が相続人になるなら、孫に贈与しておけば相続税を減らせます。

動産や不動産の価値を確認しておく

動産は、不動産以外の資産とされています。土地や建物、その定着物以外です。自動車であったり家電、宝飾品などが該当するかもしれません。動産にしても不動産にしても一定の価値があります。価値が認められれば相続をするときにh相続税がかかります。現金預金の場合は、実額がそのまま対象になるのでわかりやすいかもしれません。しかし、動産や不動産の場合はその時の価値がポイントになります。取得時の価値とは異なります。不動産はある程度分かる場合がありますが、その他の動産は変化している場合もあります。相続税の盲点になりやすいので、価値のあるものの評価を定期的に確認しておきましょう。宝飾品や骨董品などは価値が変動する場合があります。

相続税相談は税理士に行いましょう。税金のプロとして相続税について適切なアドバイスを受けることが出来ます。