気をつけよう!証券会社の選び方で運用結果も変わる

手数料の違いは積もり積もれば大きな差になる

証券会社は慎重に選ばなければいけませんね。なぜなら、どの証券会社を使って株取引をするかによって、最終的な結果が変わってくるのが普通だからです。少しでもリターンが高くなるような証券会社を選ばなければ、損をしてしまうことになるでしょう。手数料の額には十分注意しておきましょう。少しの差であっても、積もり積もれば非常に大きな差となって表れます。特にデイトレードをしようと考えているなら、手数料は安いに越したことはありません。一日何十回も取引をするので、そのたびに細かい手数料を取られていきます。気づけば数十万という差になっていることも多いはずです。手数料が安い方がいいのは当然のことですね。

会社によっては買えない銘柄も存在する

証券会社によって、どういった銘柄を取り扱っているのか変わってきます。国内株式についてはほとんど差がないのですが、海外株については大きな差が生まれているので注意しましょう。海外株はまったく取り扱っていないという証券会社も多いです。中小では基本的に取り扱いがないと考えていいかもしれません。大手なら、数百から数千の海外株を取り揃えているケースが見受けられますね。日本株とは違った特徴を持っているので分散投資にもいいですし、アメリカの株などは将来性も高いのでいいですね。海外株が選べるかどうかで、数十年後の結果は違ってくることでしょう。衰退すると言われている日本株しか買えないのでは少し不安です。大手を選択しておけば、あまり大きな後悔はないかもしれませんね。

株式の信用取引の金利は金融機関にもよって異なりますが、2%から3%の間で組まれるのが一般的です。額にもよりますが、数百万円、数千万円投資を行う場合は年間、数十万円にも及び事があります。