株式投資における短期スタンスのメリットとデメリット

ネット時代と株式投資

最近は、ネットで株式投資などが簡単にできる時代となってきていますが、このような投資を行うにあたっては、どのようなスタンスがあるのでしょうか。ここでは、この点について考察していくことにしましょう。

短期で儲けるスタンス

まず、株式投資においては、短期で儲けるというスタンスがあります。すなわち、株の世界においては、数日間でかなりの価格変動をする銘柄というものもよくあるわけです。ですから、数日間のうちに株価が倍になるなどというケースも稀ではないのです。

短期投資スタンスのメリット

このような短期スタンスのメリットとしては、短期的な価格変動を利用して儲けることができるという点があげられます。すなわち、数日間で大きく値上がりしたとしても、翌日は大幅に株価が下がってしまう可能性もあるわけですから、短期で儲かるる時はすぐに売却して利益を確定させたほうが良いということです。

短期投資スタンスのデメリット

ただ、このような短期投資の場合、仮に数日間で株価が2倍になったとしても、そこで売却せずにそのまま株を持っていれば、株価は数十倍・数百倍になっていたかもしれないというデメリットもあります。あるいは、大きく値上がりすると思って株を買ってみたけれども、逆に株価は大きく値下がりしてしまったというようなデメリットも考えられるわけです。

短期のスタンスと長期的な展望

従って、株式投資をするにあたっては、このような短気の視点とともに、株式投資に対する長期的な展望というものをも、あわせて持っていたほうが得策と言えるのではないでしょうか。

ファンドのランキングのランキングに日ごろから目を通しておくことで、投資活動を円滑に進めるうえで役立ちます。