税理士になるためにはどうしたらいいの?(計算編)

どうしたら税理士になれるの?

税理士にという資格を有する為には、最低でも3科目合格し、大学院で論文等を発表し2科目免除してもらうか、国が主催する税理士試験で5科目合格したのちに、実務経験を2年以上積む必要があります。

各科目毎の合格率は、他の国家試験と比較しても低い水準であり、毎年ある程度推移していきますが平均で10%前後の合格率となります。

今回は、数ある国家資格の中でも難しい部類に入る税理士資格をゲットする為のお勧めの勉強方法を一部紹介していきます。

計算問題はスピードが鍵となります

財務諸表論、消費税法、法人税法、相続税法等の科目合格を得る為には、計算問題を解くスピードがかなり重要となっていきます。

全ての科目において、電卓を使用し計算を行っていくので、電卓での計算スピードが合否を分けると言っても過言ではないのです。

よって、計算のスピードを付ける為にはまず電卓を叩く速さを鍛える事が大前提となっていきます。

また、科目毎の勉強方法はその問題の中身を理解し、繰り返し反復を行っていきましょう。

理解しないで解き進めて行ってしまうと本番で思わぬ落とし穴に嵌ってしまうこともあるので、間違えてもいいから一歩一歩理解してから問題を解き進めることが肝心となります。

日々電卓を触る癖を付けておきましょう

税理士試験は、簿記論という科目以外は計算50点、理論又は法律で構成された問題が50点分出題され、その成績上位者10%の受験者が合格となる試験です。

試験時間は、2時間となります。

よって科目合格を得る為にはいかに速く計算を切り上げて理論構成問題に移行できるかがカギとなっていくわけなのです。

葛飾区の税理士の取り組みは、各地域で大きく取り上げられることがあり、事前に信頼のおける税理士事務所のサービスの内容を確認することが良いでしょう。