資産運用に少額からできる投資信託がおすすめ

プロに託して資産運用する

投資信託とは、大勢の投資家から集めたお金を、ファンドマネージャーという投資のプロが代表して運用するしくみです。投資のプロを信じて託すから投資信託というわけです。投資信託の大きなメリットは、運用をプロに任せられる、少額(1万円)から投資できる、世界中の株や債券などに分散投資ができることの3つです。特定のものに集中投資すると、値上がりしたときはよいのですが、値下がりすると大きな損がでてしまいます。この点、広く分散投資をおこなう投資信託の場合、価格のブレを抑えることができます。

投資信託の3つのメリット

1「運用をプロに任せられる」ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、できるだけリスクを減らしながら、より多くのリターンがえられるように運用します。2「1万円から手軽に投資できる」資産運用したいけれど手持ち資金が少ないからと、あきらめている人にもおすすめです。ほとんどの投資信託が1万円程度から気軽に始められます。商品のラインナップも充実しているため積立貯金をする感覚で、毎月1万円ずつ購入して積み立てていくことも可能です。3「世界中の株や債権に分散投資ができる」たくさんの投資家から集めたお金をまとめて運用するため、さまざまな金融商品に分散投資することが可能になります。また、分散投資(資産を複数に分けて投資すること)でのメリットも。分けることによって、リスクを集中させずに分散させることができ、ダメージを小さく抑えることができるのです。

金の先物の投資先を選ぶにあたり、安全性の高いファンドなどに対応を任せることで、コストの削減に努めることができます。