弁護士を初めて利用する場合にしておきたい費用について

弁護士に相談する場合は無料のところが多い

弁護士といえば、難しい試験を受けて勉強ができる人だけが受かるというイメージがあるのではないでしょうか。また法律を使っているため堅苦しいイメージやお金持ちのイメージがあるかもしれません。日本の弁護士は、アメリカなどと違い、難易度が高いためなかなかなれませんが、最近は弁護士登録者数が増えてきており、弁護士でも破産をする人も決して珍しくなくなってきました。

ではもし、自分が弁護士に相談をするとしたらどのようなことを気にするでしょうか。もし初めて相談をするのであれば、やはりその料金が気になるところです。弁護士にかかる料金については決められているわけではありません。相談をする場合でも30分5000円のところが普通になっていました。ところが最近は、弁護士同士の競争があるため相談料金を無料にして、できるだけお客さんを取り込もうとしているところが多いです。

解決するまでにかかる費用とは

弁護士に相談をして実際に問題を受け持ってもらうとすれば、解決までにどれぐらいの費用がかかるでしょうか。基本的に解決するまでの期間が長くなればなるほど、お金がかかってしまいます。よく裁判などをしている時に和解をするということがありますが、和解するのは長期的に長引かせたくないからです。長引かせても勝てなければそうしますし、単純に長引かせるだけでお金がかかってしまっては、よほどお金持ちの人でない限り出費が多すぎて苦しくなってくるでしょう。

一般的には、着手金は4万円前後、問題解決した時には、手に入ったお金の20パーセントぐらいが弁護士さんに支払われます。

mikataは単独型の弁護士保険です。個人で加入することができ、問題解決に必要な弁護士費用の負担を減らすことができます。