弁護士を初めて利用する場合にしておきたい費用について

弁護士に相談する場合は無料のところが多い弁護士といえば、難しい試験を受けて勉強ができる人だけが受かるというイメージがあるのではないでしょうか。また法律を使っているため堅苦しいイメージやお金持ちのイメージがあるかもしれません。日本の弁護士は、アメリカなどと違い、難易度が高いためなかなかなれませんが、最近は弁護士登録者数が増えてきており、弁護士でも破産をする人も決して珍しくなくなってきました。 ではも…

知らなかった!弁護士に無料で相談できる法テラス

無料法律相談について法律上のトラブルを抱えているけれど、弁護士は費用がかかるイメージがあるのでなかなか弁護士に依頼できないことがあります。 しかし法テラスに申し出れば無料法律相談が受けられます。 条件は一定の収入や資産を下回ることと民事法律扶助に適うことの2点です。収入要件は1人世帯の場合は手取りが18万2000円で、家賃や住宅ローンを負担している場合41000円条件が緩和されます。手取りなので税…

リスクとリターンで使い分ける!資産運用の種類

資産運用を始めてみようなかなか上がらない給与や、受け取れるか分からない年金に頼っていては将来が不安だ!と感じるのであれば、資産運用を始める良い機会です。資産運用をギャンブル的に捉える人も多いですが、実はその種類と特徴を理解して上手に運用を行う事で、大きなリスクを避けながら着実に資産を構築できる手段なのです。資産運用の種類と特徴を知ろう資産運用の方法は非常に多岐に渡りますが、リスクとリターンの高低(…

資産運用に少額からできる投資信託がおすすめ

プロに託して資産運用する投資信託とは、大勢の投資家から集めたお金を、ファンドマネージャーという投資のプロが代表して運用するしくみです。投資のプロを信じて託すから投資信託というわけです。投資信託の大きなメリットは、運用をプロに任せられる、少額(1万円)から投資できる、世界中の株や債券などに分散投資ができることの3つです。特定のものに集中投資すると、値上がりしたときはよいのですが、値下がりすると大きな…

楽しい老後の送るためにすべきお金の殖やし方

なぜ今から投資が必要なの資産運用のために退職金などまとまったお金で初めて投資をすると、大損する可能性があります。原因は知識を持たずに金融機関などに相談してすすめられた商品を買ってしまうからです。資産運用では手数料はなるべく安いものを選ぶという鉄則がありますが、金融機関は少しでも高い手数料の商品を売りたいものです。つまりみなさんと金融機関は「利益相反」の関係なのです。リタイア前に、今から投資の練習を…

税理士になるためにはどうしたらいいの?(計算編)

どうしたら税理士になれるの?税理士にという資格を有する為には、最低でも3科目合格し、大学院で論文等を発表し2科目免除してもらうか、国が主催する税理士試験で5科目合格したのちに、実務経験を2年以上積む必要があります。 各科目毎の合格率は、他の国家試験と比較しても低い水準であり、毎年ある程度推移していきますが平均で10%前後の合格率となります。 今回は、数ある国家資格の中でも難しい部類に入る税理士資格…